ガバナンス

ESG目標

私たちは、ミッションステートメント「STAY QURIOUS」を掲げ、人々の健康、地球の健康に貢献するとともに、事業におけるカーボンマイナスを実現することで、すべてのステークホルダーから信頼されることが最も重要なこととしています。

Environment – 環境への取り組み

私たちは事業活動を通じて、地球環境への配慮として、「気候変動」と「資源」にフォーカスして取り組みます。

領域 部署 アクション
気候変動 オフィス 移動におけるCO2排出量を10%削減

社員ひとりあたりの電力消費量削減 10%

メディア 気候変動関連記事 全体の12.5%
D2C Scope3算出→LCA化
資源 オフィス オフィスでの廃棄物 10%削減
メディア 資源関連記事 全体の12.5%
D2C 調達原料の見直し

 

 

 

 

 

 

 

Social – 社会への取り組み

社会問題に対しても、以下のように年度目標と長期目標を掲げて取り組みます。

〈2023年度〉

  • 女性活躍を推進し、男女比率1:1以上を維持します
  • 地域コミュニティとのスポーツ振興を企画、実施します
  • パラスポーツを推進し、価値を周知する活動に取り組みます
長期目標としては、多様な人材が活躍できる職場環境が、事業の発展につながるという考えのもと、D&I雇用の実現を目指します。

  • 障害者雇用の実現
  • 外国人雇用の実現

Gavernance – コーポレートガバナンス

健全で透明性の高い経営を目指し、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組むことで、事業の持続的な成長と企業価値の向上に努めてまいります。

以下、当社Webサイトで公開いたします。

  • 環境・社会に対するインパクトレポートを開示
  • ステークホルダーに対するインパクトレポートを開示
  • 会社組織図を開示
  • 従業員やお客様の意見を取り入れた寄付活動の公表

また、従業員の人事評価に環境・社会に対する項目を組み入れ、2023年度上期より実施しました。役員報酬決定のプロセスにおいても、環境・社会に対するパフォーマンスの評価を組み入れることを、役員規定に決定しました。

最近の記事
おすすめ記事
  1. ステークホルダーインパクトレポート(2023年度)

  2. EMS宣言

  3. ESG目標

  4. ステークホルダーインパクトレポート(2022年度)

  1. ステークホルダーインパクトレポート(2023年度)

  2. EMS宣言

  3. ESG目標

  4. ステークホルダーインパクトレポート(2022年度)

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP